今日はまたまた彼は結婚式で山梨へ。
私はLatteとお出かけです。



今日はね、病院へワクチン注射に行くんだよ。
天気もいいし、歩いて行こうね



あれれ?病院いやなの?
Latte先生大好きじゃない。

いつも行く病院は家族経営のアットホームな病院
今は娘さんが先生としてみてくださっていて、お父さんの院長先生は受付にいます。
それがなんだかかわいくて、受付で相談もできるのでうれしい。



はい、行きましょー
病院まではLatteと歩くと20分くらい。
ちょうどいいお散歩になるね。

病院に着くと今日も患者さんがいっぱい。
Latteをひざの上に座らせると、『Latteはバッグがいいでち』と断られてしまいました。

最近自分からバッグに入りたがるLatte。
ちょっとはだっこさせてよ〜



もうちょっと待ってね〜。
この病院は病気だけじゃなくて、しつけなどの相談にも乗ってくれるので一人当たりの時間が長くてゆったり。
でも、そんなところがすき



…どうだろうね
多分もらえないと思うんだけどー。

診察室ではLatteは先生に大好きアピール。
注射をされてもニコニコ先生によっていくので、先生に『注射してもこんなに寄ってきてくれる子初めてー』といわれました。よかったね!

今日はLatteの避妊手術の相談もしてきました。
前回は入院期間の長いはじめての病院に相談に言ったのだけど、いつも見てもらっているこちらの病院に相談して少し安心しました。

きっと前回の記事にコメントくださった皆さんのおかげです
彼とも相談して、時期を見て判断しようと思います。



帰りはワクチン注射後だったので、バッグインで帰りました。
今回のLatteの体重は3.05kg
ハーネスをつけたままだったので、実際は3kgジャストぐらいかな?

また減ってる…
Latteは痩せ過ぎというほどではないけど、体の大きさの割りに細くって。
もっとご飯食べようね。

【おまけ】
予断ですが…



そうなのー。ビバ刺激物
彼がいないときは料理をする気も起きないので、『辛ラーメン』と決めてます。
でも最近は『辛ラーメン』の辛さじゃ物足りないので。。。



こちらの『すりだね』という、彼の地元の辛味調味料を入れてさらにヒートアップ
唐辛子に山椒やゴマも入っていておいしいんです。

辛いといえば、ダージリンという新橋にあるインドカレー屋さんもオススメ
1000円のランチはナン食べ放題です。(でもボリュームたっぷりでおかわりできない。)
辛さを調節してもらえるのですが、私は2辛にしてもらいます。
ラッシーもおいしくて大好きなのですが、平日のランチは行列必至です。

Please Click ブログランキングに参加しています。
 一日一回クリックしていただけるとうれしいです。
 よろしくお願いします


書いているうちに長くなってしまいましたが、今日の記事は避妊手術に対するsatokoの正直なキモチをつづったもので、Latteの飼い主としての個人的な意見です。

いつもはなるべく明るい話題を、と思って書くかどうか悩んでいたのだけど。
ワンダフルゥライフのミクちゃんが避妊手術を受けたという記事を読んで、共感というか勇気をもらったので、書いておくことにします。
後で読み返したら、いい思い出になるかも知れないものね。
の、まえにミクちゃん小さい体でよく頑張ったね!
しばらくゆっくり休んでね。お大事に!!



我が家のLatteは現在1歳半。
初めてヒートが来たのはちょうど1年前の9月半ば。
そのあと、年末年始、ゴールデンウィークにぴったりヒートが来ていて。
だいだい4ヵ月に一回のペース。
たぶん、通常は6,7ヵ月に一回のペースなので周期が短い方なのかもしれない。



本当に人間の勝手で、Latteには申し訳ないと思うのだけれど。
我が家は大家さん、不動産屋さんと10kgまでで1匹という約束でLatteを飼っているので、今の家に住んでいる以上、Latteに子供を生ませてあげることはできないし。
Latteの体への負担を考えても子供は望んではいません。
であるならば、さあ避妊手術とは簡単に思えなくて。
健康体であるLatteの体にメスを入れること、全身麻酔への不安。
私たち飼い主の都合でそんなことしていいのだろうかという迷い。
いろんな気持ちが渦巻いて、なかなか決断できずにいました。



そんななか、仕事の取引先の方に『子供を生ませる気がないのであれば、早めに避妊手術をしたほうがいい。』と勧められました。
その方は女の子のシーズーを2匹飼っているのだけれど、どちらも保護したときには成犬で避妊手術をされておらず、子宮の病気になってしまったとのこと。
結果的に手術をして、現在は元気なのだけれど避妊手術をもっと早くされていれば犬は苦しい思いをしなくてすんだのにという思いがあったみたい。
確かに調べてみると、子宮の病気、乳腺腫瘍の予防として避妊手術は有効で、特に乳腺腫瘍に対しては手術が早ければ早いほど発症率は低いとのこと。
この話をきっかけに、病気の予防としての避妊手術ということを考え始めました。



手術について、具体的に考え始めると気になるのは術後のこと。
我が家は共働きなので日中は基本的にLatteだけでお留守番。
お昼休みに一度、彼がご飯もかねて家にLatteの様子を見に毎日帰ってきてくれているけれど、それ以外の午前、午後は家にいるのはLatteだけ。
手術直後にもし何かあったら。そう考えると不安でたまらなくて。
休みに合わて手術を行うか、入院か。
私たちが選んだのはその両方でした。



近くの病院でやられている避妊手術の基本プログラムは3日間の入院。
夜8時まで営業している病院で、毎日お見舞いに行っても良いとのこと。
その入院期間が終わったところで、シルバーウィークに突入すれば、最大8日間は誰か人がついて様子を見てあげることができる、そう考えたのです。
そうと決まれば、まずは相談。9月某日、彼と私とLatte、みんなそろって病院にいきました。



―――病院での相談を終え、私たちはまだ結論を出せずにいました。
今のLatteの体重や健康状態であれば、手術はいつでも行える。
そう太鼓判を頂いたのに、です。
なんとも言いようのない不安で一杯で、先生に避妊手術をお願いしますとは言えませんでした。
先生もそんな私たちの様子をみて、よく考えてみてくださいと言ってくれました。
病院の雰囲気や先生の態度が決して悪かったわけではありません。
私たちが事前に考えていった質問にも、一つ一つ丁寧に答えてくれました。
それでも。私たちの手術に対する不安は、大きくなってしまっていたのです。



その翌日。
Latteの4回目のヒートが始まりました。
またLatteに発情期のストレスを与えてしまったと悔やむのと同時に、今すぐ結論を出さなくともいいのだとほっとしたのも事実です。
悩んだり、話し合う私たちの様子に気がついて、Latteが先延ばしにさせてくれたのかも知れません。
シルバーウィークの手術が不可能になったため、次の大型連休は年末年始。
この次のLatteのヒートまでが4ヶ月だとすると、ちょうどその1月前。
それまでまたゆっくり考えようと思います。
今回のミクちゃんの手術で、怖いのは、心配なのは私たちだけじゃないこと。
ちゃんとしたお医者様に相談すれば、大丈夫だって思えたし。
小さなミクちゃんからたくさん勇気をもらいました。
私たちもがんばらなくちゃ。



本当に優柔不断でヘタレな飼い主でごめんね、Latte。
Latteの体のことを一番に考えるからね。

(今日の写真は以前こちらの記事でプロのカメラマンさんに撮影していただいた写真です。)

Please Click ブログランキングに参加しています。
 一日一回クリックしていただけるとうれしいです。
 よろしくお願いします


Latte 今日はとってもいい天気。


Latte 今日はsatokoがお仕事おやすみなので一緒におでかけ〜。


Latte 暑い日はバルコニーで水浴びでち。


Latte satokoは会社の旅行でハワイに行っているので、Latteは彼とおるすばんでち。


Latte はじめてのお出かけでち。

続きを読む >>


calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

Profile

Entries

Categories

Archives

Comment

Search

Mobile

qrcode

Others